烏兎怱怱

【意味】 烏兎怱怱とは、月日が経つのが早いさま。烏兎匆匆。烏兎怱々。

【烏兎怱怱の語源・由来】

中国の伝説では、太陽には三本足のカラスが棲み、月にはウサギが棲むとされた。
カラスが太陽、ウサギが月で、日月を「烏兎」と表すようになり、「年月」「歳月」の意味でも用いるようになった。
「怱怱(匆匆)」は「忙しいこと」「慌ただしいこと」を意味し、「烏兎怱怱」で、月日があわただしく過ぎること、月日が経つのが早いことを表す。
太陽の中のカラスを「金烏(きんう)」、月の中のウサギを「玉兎(ぎょくと)」と呼び、日と月を「金烏玉兎(きんうぎょくと)」ともいう。

【関連語】

呆気ない(あっけない) 慌ただしい(あわただしい) 生き馬の目を抜く
忙しい(いそがしい) 一瀉千里(いっしゃせんり) ウサギ・兎(うさぎ)
烏飛兎走(うひとそう) カラス・烏(からす) 間髪を容れず(かんはつをいれず)
直(じき) 直ぐ(すぐ) 素早い(すばやい)
刹那(せつな) 即座(そくざ) 太陽(たいよう)
直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち) 経つ(たつ)
束の間(つかのま) 月(つき) 電光石火(でんこうせっか)
年・歳(とし) 兎走烏飛(とそううひ) 咄嗟(とっさ)
早い・速い(はやい) 日(ひ) 露往霜来(ろおうそうらい)

【関連リンク】

「烏兎匆匆」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス