うた

【意味】 うたとは、メロディーやリズムをつけて、言葉を声に出すもの。また、その言葉(歌)。
はやりうた・長唄・小唄・地唄・端唄などの総称(唄)。
五・七・五・七・七の三十一音から成る和歌。短歌。やまとうた(歌)。
近代詩・現代詩(詩)。

【うたの語源・由来】

「うたふ(訴)」の語根とする説や、思を写すことから「うつす(写)」の約転など数多くの説がある。
中でも、「うたふ(歌う)」の語幹で「うたふ」は手拍子をとって歌謡することから、「打ち合ふ(うちあう)」を語源とする説が有力とされている。

【関連語】

アート 合いの手(あいのて) アカペラ
アリア アルバム アンサンブル
印税(いんぜい) インディーズ 打つ(うつ)
エッセイ エレジー 演歌(えんか)
音(おと) 踊り・躍り(おどり) お囃子(おはやし)
オペラ オラトリオ 音楽(おんがく)
海賊版・海賊盤(かいぞくばん) 神楽(かぐら) 歌舞伎(かぶき)
カラオケ カルチャー カルテット
カンタータ カンツォーネ 聞く・聴く(きく)
クインテット 口(くち) 口ずさむ(くちずさむ)
声(こえ) コーラス コーラル(音楽)
言葉(ことば) コラム コンサート
賛美歌(さんびか) CD 芝居(しばい)
四面楚歌(しめんそか) シャンソン 小説(しょうせつ)
川柳(せんりゅう) ソロ タレント
手(て) デュエット テレビ
トリオ ドレミファソラシド 流し(ながし)
喉・咽(のど) 喉仏(のどぼとけ) ノベル
話(はなし) バルカロール ヒム
拍子(ひょうし) ポエム ボーカル
ミュージカル メロディー ユニゾン
読む・詠む(よむ) ラジオ リート
リズム レクイエム レコード
レシタティーヴォ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス