薄い

【意味】 薄いとは、厚みが少ない。濃度や密度が小さい。物事の程度が弱い。

【薄いの語源・由来】

薄いの語源は、「あさし(浅し)」の転か、「失せる」の古い形の動詞「うす(失す)」の形容詞化と考えられるが、音からすれば「うす(失す)」が妥当であろう。
「薄い」は、厚みが少ないさまや、色・味・匂いなどが濃くないさま、情愛や信仰が深くないさま、経験に乏しいさまなど多くの意味があるが、このような意味の派生ととれる使い方は古くからされており、時代による変化が少ない言葉である。

【関連語】

浅い(あさい) 味(あじ) 褪せる(あせる)
厚い・篤い(あつい) あっさり 淡い(あわい)
色(いろ) 失う(うしなう) 薄々(うすうす)
ウスカワマイマイ・薄皮蝸牛 ウスギモクセイ・薄黄木犀 薄っぺら(うすっぺら)
ウスバカゲロウ・薄羽蜉蝣 ウスバカミキリ・薄翅天牛 ウスバキチョウ・薄羽黄蝶
ウスバサイシン・薄葉細辛 ウスユキソウ・薄雪草 ウスユキバト・薄雪鳩
失せる(うせる) 微か・幽か(かすか) 軽い(かるい)
金柑頭(きんかあたま) 軽薄(けいはく) 濃い(こい)
少ない(すくない) ススキ・薄・芒(すすき) 伊達の薄着(だてのうすぎ)
小さい(ちいさい) 乏しい(とぼしい) 匂い・臭い(におい)
肉薄(にくはく) 薄情(はくじょう) ハゲ・禿(はげ)
ハッカ・薄荷(はっか) 低い(ひくい) 平たい(ひらたい)
深い(ふかい) 仄か(ほのか) ほんのり
疎ら(まばら) 短い(みじかい) 水臭い(みずくさい)
豊か(ゆたか) 弱い(よわい) 僅か(わずか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス