嘘八百

【意味】 嘘八百とは、嘘だらけであること。全くの嘘。

【嘘八百の語源・由来】

「多くの嘘」の意味から、何もかもが嘘だらけであることを表すようになった語。
嘘八百の「八百」は、江戸市中に町数が多いことをいった「八百八丁」や、大坂市中に橋が多いことをいった「八百八橋」などの「八百」と同じく、数が多いことを意味する。
「八百八丁」と掛けて、「嘘よりも八丁多い江戸の町」といった古川柳もある。
「八百」が「数多く」を表すのは、元々、「8」という数字が「数多く」を表すことによる。
「8」が「数多く」を表すのは、仏教の考えからきたものと思われる。
仏教語には、「莫大な数の地獄」を表す「八万地獄」や「八万奈落」、数が非常に多いことを表す代表的な表現に「八万四千」などがある。

【関連語】

欺く(あざむく) イカサマ 偽る(いつわる)
嘘(うそ) 嘘の皮(うそのかわ) 嘘も方便(うそもほうべん)
エイプリルフール 多い(おおい) 数(かず)
ガセ 外連味(けれんみ) ゴシップ
詐欺(さぎ) 川柳(せんりゅう) 騙くらかす(だまくらかす)
騙す(だます) 出鱈目(でたらめ) でっちあげ
デマ 出任せ(でまかせ) 偽・贋(にせ)
捏造(ねつぞう) 根も葉もない(ねもはもない) 橋(はし)
はったり ホラ吹き(ほらふき) 本当(ほんとう)
真・実・誠(まこと) 町・街(まち) 真っ赤な嘘(まっかなうそ)
全く(まったく) まやかす 眉唾(まゆつば)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

嘘八百(うそはっぴゃく)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス