後ろめたい

【意味】 後ろめたいとは、良心がとがめる。気がとがめる。やましい。

【後ろめたいの語源・由来】

本来「不安だ」「気がかりだ」という意味で用いられた言葉で、そこから「油断がならない」「気が許せない」という意味に転じ、さらに、他人から「油断ならない相手」と思われるのではないかというところから、自身のやましさをいうようになった語である。
後ろめたいの語源は諸説あり、「うしろめいたし(後ろ目痛し)」もしくは「うしろべいたし(後ろ辺痛し)」で、後ろから見て心が痛むという意味とする説。
「後ろ目痛し」もしくは「後ろ辺痛し」を語源とし、のちのことを考える(将来を見る)と心が痛むという意味から、「不安」を表すようになったとする説。
「後ろ辺痛し」を語源とし、後方が気になる意味で「不安」を表すようになったとする説。
「うしろめいたし(後ろ目甚し)」を語源とし、「甚し」は「はなはだしい」の意味で、後ろをみたくてしかたないことから、「不安」を表すようになったとする説がある。
このうち定説となっているのは「後ろ目痛し」の説であるが、古く「ウシロベタシ」という形が見られるため、「後ろ辺痛し」とも考えられる。
ただし、「冷たい」を「つべたい」や「ちべたい」という地方もあることから、「ウシロベタシ」の「ベ」が「ベ(辺)」ではなく「メ(目)」を表しているとも考えられる。
これらのことから、後ろめたいの語源は「後ろ目痛し」か「後ろ辺痛し」どちらでか一方であろうということ以外、大本となる意味についても断定は難しい。

【関連語】

痛い(いたい) 後ろ(うしろ) 後ろ暗い(うしろぐらい)
面映い(おもはゆい) 決まりが悪い(きまりがわるい) 沽券に関わる
心(こころ) 忸怩(じくじ) 脛に傷を持つ
雪辱(せつじょく) 立つ瀬がない(たつせがない) 冷たい(つめたい)
咎める(とがめる) 恥(はじ) 恥ずかしい(はずかしい)
ばつが悪い(ばつがわるい) 甚だしい(はなはだしい) プライド
目・眼(め) メンツ・面子(めんつ) 面目(めんぼく)
疚しい・疾しい(やましい) 油断(ゆだん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス