うさぎ

【意味】 うさぎとは、ウサギ目ウサギ科の哺乳類の総称。野ウサギ類と穴ウサギ類に分けられる。飼いウサギの原種は穴ウサギ類。一般に耳が長く、前肢は短く、後肢は長い。

【うさぎの語源・由来】

うさぎの語源は諸説あり未詳、大まかに分けると以下のとおりである。
1.古形は「う」で、「さぎ」を補ったとする説。
2.「ヲサキ(尾先切)」が転じたとする説。
3.「ウスゲ(薄毛)」が転じたとする説。
4.高句麗語で「うさぎ」を意味する「オサガム(烏斯含)」が変化したとする説。
5.特徴的な耳と口から、「ウス(薄)」+「アギ(顎)」からか、「ウス(失)」+「アギ(顎)」からとする説。
古形の「う」については、「うさぎ」から「う」の呼称が生じたともいわれるが、一拍語は嫌われる傾向にあり、古形が「う」で「さぎ」が付いたと考えるのが妥当であるため、「1」の説が有力である。
「1」の中にも、「さぎ」は白い色から鳥の「サギ(鷺)」のこととする説や、「うさぎ」を意味するサンスクリット語「ササカ(舎舎迦)」が付いたとする説、東国語形では「ヲサギ」といったことから、古形の「ウ」と「ヲサギ」が合わさったとする説などがある。
しかし、古形の「う」が何を表したかも定かではなく、うさぎの語源を特定することは非常に難しい。
うさぎの数え方には、「匹(ひき)」と「羽(わ)」があり、地域によっては「耳(みみ)」とも数えられる。
「一羽、二羽」と数える由来は、獣肉を口にすることが出来なかったことから、鳥類といって食べたとする説があるが定かではない。
鳥に見立てたのは、二本足で立つこと、大きな耳が羽に見えること、うさぎの名前には「ウ(鵜)」と「サギ(鷺)」の鳥の名が含まれていることからなどといわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

兎(うさぎ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
ウサギ・兎のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス