うるう年

【意味】 うるう年とは、閏のある年。太陽暦では2月に一日追加して29日までとし、一年を366日とする年。太陽太陰暦では閏月のある年。じゅんねん。

【うるう年の語源・由来】

日本では「潤」を「うるう」「うるむ」と読むところから、「閏」の漢字にも当てられた読み方で、本来は「じゅんねん」である。
漢字「閏」は王が門の中に居ることを表す字で、中国では暦からはみ出した閏日(閏月)には、王が門の中にとじこもり、政務を執らないことに由来する。
夏期オリンピックと同じ周期で4年に一度と思われがちだが、うるう年の計算は西暦年を4で割るだけでは出せず、2000年・2400年はうるう年だが、1900年・2100年・2200年・2300年は平年となる。
うるう年の条件は、西暦年が4で割り切れる年であるが、100で割り切れる年は平年、ただし400で割り切れる年はうるう年である。
計算を簡単にすると、西暦年が400で割り切れる年は全てうるう年、それ以外の年のうち、100で割り切れず、4で割り切れる年(4で割り切れて100で割り切れない年)がうるう年となる。
うるう年の干支は、西暦年が400で割り切れる「子」「辰」「申」のいずれかに当てはまるが、上記条件のとおり、これらの干支の年がうるう年とは限らない。
暦の上で「閏」を用いる言葉には、「うるう年」のほか、太陰暦(旧暦)に同じ月を繰り返す「うるう月」、太陽暦で2月29日となる「うるう日」がある。
時間の上で「閏」を用いる言葉に「うるう秒」があるが、これは原子時計に基づいた協定世界時と、地球の自転に基づく世界時を合わせるために追加・削除される1秒である。
うるう秒の「うるう」は、「閏」のもつ「不正規なもの」の意味からで、暦上の「閏」とは関係ない。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「うるう年」と「うるう秒」の違い・調整方法 - 違いがわかる事典
閏年(うるうどし)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス