うるさい

【意味】 うるさいとは、物音が大きくて邪魔である。やかましい。邪魔でわずらわしい。

【うるさいの語源・由来】

うるさいは、「心」を意味する「うら」の母音交替形「うる」に、「狭い」を意味する形容詞「さし(狭し)」が付いた「うるさし」が語源で、何らかの刺激で心が乱れ、閉鎖状態になることを意味した。
「うるさし」と同系の語には、「うるせし(「さし」の母音交替形)」があるが、「立派だ」「優れている」「巧みである」といった意味なので、「うるさし(うるさい)」と同源ではないとも言われる。
しかし、「うるさい」は「技芸がすぐれている」といった意味でも用いられることから、細かいところまで気づくという点では意味が近く、同源と考えて間違いないであろう。
漢字の「五月蝿い」は、五月のハエは特にうるさいことから当てられた当て字である。

【関連語】

一言居士(いちげんこじ) 鼾(いびき) うざい・うざったい
鬱陶しい(うっとうしい) 大きい(おおきい) 音(おと)
姦しい(かしましい) 喧しい・囂しい(かまびすしい) けたたましい
心(こころ) 細かい(こまかい) 皐月(さつき)
騒がしい(さわがしい) しつこい 四の五の言う(しのごのいう)
邪魔(じゃま) 素晴らしい(すばらしい) 狭い(せまい)
騒騒しい(そうぞうしい) 巧み・匠・工(たくみ) 劈く(つんざく)
どんちゃん騒ぎ(どんちゃんさわぎ) ハエ・蠅・蝿(はえ) 乱れる(みだれる)
迷惑(めいわく) 面倒臭い(めんどうくさい) 喧しい(やかましい)
厄介(やっかい) 山の神(やまのかみ) 憂鬱(ゆううつ)
立派(りっぱ) 煩わしい(わずらわしい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス