うろこ

【意味】 うろことは、魚類・爬虫類など、動物の体を保護するため体表を覆う硬い小薄片。

【うろこの語源・由来】

平安時代には「いろこ」と言い、「いろくず(いろくづ)」と併用されていた。
「いろくず」は、魚や竜などうろこのあるの動物を指すようになったが、元は「うろこ」の正式な表現として用いられ、「いろこ」は俗的な表現であった。
普通、俗な表現は新しい言葉で、使用例も「いろくず」が古い時期に多く、「いろこ」が新しい時期に多く見られるため、「いろくづ」から「いろこ」、そして「うろこ」に変化したと思われる。
この音変化は、「いを(魚)」から「うを」、「いごく(動く)」から「うごく」と変化したのと同じである。
「いろくず」や「いろこ」の「いろ」は、ざらざらした細かいものの意味で、「くず」は「屑(くず)」、「こ」は「小」の意味と考えられる。
「いろ」には、「い」が「魚」の意味で、「ろ」を接辞とする説もある。
しかし、草木のトゲを意味する「イラ」は魚の背びれにあるトゲも意味し、うろこと形状の似た「いらか(甍)」も、この「イラ」に由来するとも考えられている。
このことから、「イロ」や「イラ」が平らなところから少し飛び出ていたり、ざらざらしたものを表現したと考えられるので、「いろ」を「魚」の意味に限定せず、形状や感触と考える方が良いであろう。
また、頭皮の「フケ」を「うろこ」や「いろこ」と言ったり、皮膚病の時に掻くと出る粉も「いろこ」と言った。
うろこ状であるところから「フケ」など指すようになったとも考えられるため、これをもって魚の説を否定することは出来ないが、かなり古い時期から例が見られるため、関係ないとも言い切れない。

【関連語】

甍(いらか) ウロコゴケ・鱗苔(うろこごけ) ウロコムシ・鱗虫(うろこむし)
覆う(おおう) 堅い・固い・硬い(かたい) 殻(から)
体(からだ) 皮・革(かわ) 牙(きば)
屑(くず) 嘴(くちばし・はし) 毛(け)
逆鱗に触れる 甲羅(こうら) 粉(こな)
衣(ころも) 魚(さかな) 尻尾(しっぽ)
背・背中(せ・せなか) 竜・龍(たつ) 角(つの)
爪(つめ) 刺・棘(とげ) 歯(は)
肌・膚(はだ) 羽・羽根・翅(はね) 蹄(ひづめ)
鰭(ひれ) 雲脂・頭垢(ふけ) ヘビ・蛇(へび)
骨(ほね) 目から鱗が落ちる 鎧・甲(よろい)
竜・龍(りゅう) リンボク・鱗木(りんぼく)

【関連リンク】

「鱗」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧
「鱗」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス