裏付け

【意味】 裏付けとは、証拠や資料によって確実なものと証明すること。また、証明できる材料。

【裏付けの語源・由来】

室町時代には、証文などの裏書きや支払いの証として押す裏判を「裏付け」と言った。
明治時代以降、上記の意味から派生して、証拠となるものや信憑性を証明することを「裏付け」と言うようになった。

【関連語】

証(あかし) アリバイ 経緯(いきさつ)
裏(うら) お墨付き(おすみつき) 折り紙付き(おりがみつき)
託ける(かこつける) 口実(こうじつ) こじつけ
筋(すじ) 太鼓判(たいこばん) 確か(たしか)
付く・附く・着く(つく) 辻褄(つじつま) ネタ
元・本・基(もと)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス