うらやましい

【意味】 うらやましいとは、他人の恵まれた能力や状態を見て、自分もそのようにありたいと願うさま。

【うらやましいの語源・由来】

うらやましいは文語「うらやまし」の口語で、動詞「うらやむ(羨む)」の形容詞化。
うらやむの「うら」は、「うらむ」「うらない」などの「うら」と同じく「心」を表す語。
うらやむの「やむ」は、「病む」である。
本来は、他人を見て自分が恵まれていないことに傷つくことをいった。
「ねたましい」と同義で用いられることもあるが、「うらやましい」は憎む気持ちよりも、自分もそうありたいと願う気持ちが主となっている。
漢字の「羨」は、「羊」+「よだれ」からなる会意文字で、良いものを見てよだれを長くたらすこと。 「羊」は、「よいもの」「うまいもの」を表している。

【関連語】

憧れ・憬れ(あこがれ) 哀れ・憐れ(あわれ) いけ好かない(いけすかない)
厭わしい(いとわしい) 忌々しい(いまいましい) 嫌・厭・否(いや)
うまい 占い(うらない) 恨む・怨む(うらむ)
傷(きず) 悔しい・口惜しい(くやしい) 心(こころ)
ジェラシー 切ない(せつない) 羨望(せんぼう)
嫉む・妬む・猜む(そねむ) 高嶺の花・高根の花 嘆かわしい(なげかわしい)
情けない(なさけない) 憎い(にくい) 願う(ねがう)
妬む・嫉む(ねたむ) 僻む(ひがむ) ヒツジ・羊(ひつじ)
惨め(みじめ) 恵む・恤む(めぐむ) 焼き餅(やきもち)
やっかむ 病む(やむ) 遣る瀬無い(やるせない)
良い・善い・好い(よい) 涎(よだれ) 侘しい(わびしい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス