うんてい

【意味】 うんていとは、体育・遊戯用具の一。金属製のはしご状のものを水平または弧状にしたもの。ぶら下がって渡る。

【うんていの語源・由来】

昔、中国で城を攻める際に用いた長いはしごのことであった。
兵器としてのうんていは、台車に折りたたみ式のはしごが搭載されたもので、そのはしごを伸ばし、城壁に掛けて攻め込んでいた。
これが「雲にも届きそうなはしご」ということで「雲梯」と名付けられ、のちに遊戯施設の名前に用いられるようになった。

【関連語】

エスカレーター エレベーター 階(きざはし)
脚立(きゃたつ) 雲(くも) シーソー
城(しろ) ステップ スロープ
攻める・責める(せめる) タラップ トランポリン
トンネル 上る・登る・昇る(のぼる) 橋(はし)
梯子(はしご) ブランコ ブリッジ
渡る(わたる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス