卯の花寿司

【意味】 卯の花寿司とは、炒って酢で味付けしたおからを握り、イワシ・サンマ・コハダなどの鮨ネタをのせたすし。おから寿司。卯の花鮨。

【卯の花寿司の語源・由来】

卯の花寿司は、すし飯の代わりにおからを用いることから付いた名である。
「おから」がウツギの別名「卯の花」と呼ばれる由来は諸説あり、「卯の花」の中で詳しく解説するが、白い卯の花とおからの白さが似ているところからと考えられる。
近年、すし飯の代わりにおからを用いたものではなく、すしネタの上におからをのせたものも「卯の花寿司」と呼ぶようになってきている。

【関連語】

あがり(お茶) 油揚げ(あぶらあげ) 洗い(あらい)
飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし)
稲荷寿司(いなりずし) 炒る(いる) イワシ・鰯(いわし)
卯の花(うのはな) 江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき)
大阪鮨(おおさかずし) おから お造り(おつくり)
おにぎり おむすび かっぱ巻き(かっぱまき)
ガリ がんもどき きつねうどん・そば
腐り鮨(くさりずし) 軍艦巻き(ぐんかんまき) 毛抜き鮨(けぬきずし)
杮寿司(こけらずし) コハダ・小鰭(こはだ) 御飯(ごはん)
米(こめ) 刺身(さしみ) サンマ・秋刀魚(さんま)
しのだうどん・そば 信太寿司(しのだずし) 信太巻き(しのだまき)
シャリ・舎利(しゃり) 白(しろ) 酢(す)
助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし) 雀鮨・雀寿司(すずめずし)
タタキ 散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし)
鉄火巻き(てっかまき) 田楽(でんがく) 豆腐(とうふ)
トロ 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) ネタ
バッテラ 冷奴(ひややっこ) 飛竜頭(ひりょうず)
麻婆豆腐(まーぼーどうふ) ムラサキ・紫(むらさき) 飯(めし)
目張り寿司(めはりずし) 弥助鮨(やすけずし) 湯葉(ゆば)
ライス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス