うんちく

【意味】 うんちくとは、研究を重ねて蓄えた深い知識。ウンチク。

【うんちくの語源・由来】

「蘊(薀)」も「蓄」も「たくわえる」を意味する。
19世紀前半には「蘊蓄し」といったように「する」を付けて用いられ、知識に限らず「蓄える」の意味で用いられた。
19世紀後半から「蘊蓄を傾ける」「蘊蓄を傾注する」など、蓄えた知識を出す意味での使用が多くなった。

【関連語】

インテリ 賢い(かしこい) 教養(きょうよう)
クイズ 御託を並べる(ごたくをならべる) コツ
聡い・敏い(さとい) 真髄・神髄(しんずい) 造詣が深い(ぞうけいがふかい)
溜まる・貯まる(たまる) 通暁(つうぎょう) 虎の巻(とらのまき)
トリビア 能書き(のうがき) 博士(はかせ)
深い(ふかい) 学ぶ(まなぶ) 利口(りこう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス