【意味】 梅とは、バラ科の落葉高木。中国原産。果実は球形で酸味が強く、梅干しや梅酒にされる。

【梅の語源・由来】

実を薬用にする「烏梅(うばい)」の形で、平安時代以降に中国から伝来したとされる。
中国語では「ムエイ」のような発音だったものを日本人が「うめ」と聞き取ったために、「うめ」と呼ばれるようになった。
「むめ」と読むのも「ムエイ」に由来するもので、平安時代から見られる。
本来、薬用として伝来したものであるが、花のもつ気品や美しさから平安時代の漢詩や和歌などで題材とされている。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) 塩梅・按配・按配(あんばい) イチゴ・苺(いちご)
イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) ウナギ・鰻(うなぎ) 梅と桜(うめとさくら)
梅に鶯(うめにうぐいす) オウバイ・黄梅(おうばい) 大島桜(おおしまざくら)
カイドウ・海棠(かいどう) カラス・烏(からす) カリン・花梨(かりん)
木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご) 薬(くすり)
果物(くだもの) サクラ・桜(さくら) サクランボ
酒(さけ) サンザシ・山査子(さんざし) シソ・紫蘇(しそ)
シャリンバイ・車輪梅 松竹梅(しょうちくばい) 酸っぱい(すっぱい)
ストロベリー スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野
タケ・竹(たけ) チェリー 梅雨(つゆ)
ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木
花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム プルーン ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご)
ボケ・木瓜(ぼけ) マツ・松(まつ) 実(み)
モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス