うまい

【意味】 うまいとは、(旨い・甘い・美味い)飲食物などの味がよい。おいしい。(上手い・巧い)技術や技量が優れている。(旨い)都合が良い。好ましい。

【うまいの語源・由来】

うまいは「味が良い」意味が原義で、語源は果実が熟して甘美な味になるところから、動詞「うむ(熟む)」の形容詞化と考えられる。
古くは、甘味が美味(うまい)とされており、特に果物がその対象であった。
「満ちたりて心地よい」といった意味の「うまし(シク活用)」もあったが、「美味」を意味する「うまし(ク活用)」からの派生表現である。
シク活用の「うまし」は用例が少なく、「好ましい」や「優れている」の意味の「うまい」は、シク活用からではなく、ク活用の「うまし」が意味を広げたものである。

【関連語】

味(あじ) 味わい(あじわい) あっさり
圧巻(あっかん) 天晴れ(あっぱれ) 甘い(あまい)
イケてる 美しい(うつくしい) 打って付け(うってつけ)
腕前(うでまえ) 旨煮・甘煮(うまに) 刳い(えぐい)
エクセレント 美味しい(おいしい) 乙な味(おつなあじ)
辛い(からい) 完璧(かんぺき) 果物(くだもの)
グッド グルメ グレイト
結構(けっこう) こく 心地(ここち)
こってり 好む(このむ) 渋い(しぶい)
旬(しゅん) 上手(じょうず) 上等(じょうとう)
食指が動く(しょくしがうごく) 如才無い(じょさいない) しょっぱい
酸っぱい(すっぱい) 素敵(すてき) 素晴らしい(すばらしい)
絶妙(ぜつみょう) 双璧(そうへき) 醍醐味(だいごみ)
巧み・匠・工(たくみ) 達者(たっしゃ) テクニック
ナイス 苦い(にがい) パーフェクト
下手(へた) 不味い・拙い(まずい) まったり
まんまと 見事(みごと) 目覚しい(めざましい)
良い・善い・好い(よい) 立派(りっぱ) 技・業(わざ)
ワンダフル

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス