【意味】 馬とは、奇蹄目ウマ科の哺乳類。顔が長く、たてがみがある。力が強く、走ることも速い。

【馬の語源・由来】

『日本書紀』には、百済より献上されたことが記されている。
「うま」は漢字「馬」の呉音「ma」に由来し、「ma」の頭字音「m」が強調されて「mma」と発音し、「ウマ」「ムマ」と表記されたと考えられる。
「ムマ」の表記は、「梅」が「ムメ」と表記されていたのと同じく「ウ」が鼻音であるため。
モンゴル語では「mori(muri)」、満州語で「morin」、朝鮮語で「mar(mus、mat)」、支那語で「ma(mak)」、トルコ語で「mare」である。
「うま」の語源を、これら言語のいずれかに断定しようとするものもあるが、発音が「ma」で共通していると見る方が良いであろう。
英語で「メス馬」を「mare」と言うが、元はオス・メスの区別がなかった。
これは、古代高地ドイツ語の「marah」と同源で、印欧基語で「馬」をあらわす「marko-」に由来する。
世界的に「ma」の発音で共通するのは、遊牧騎馬民族の言葉を元に広まったためと考えられており、どの国の言語からと特定できるものではない。

【関連語】

アセビ・馬酔木(あせび) 当て馬(あてうま) 生き馬の目を抜く
イヌ・犬・狗(いぬ) ウサギウマ・兎馬・驢 ウシ・牛(うし)
牛は牛連れ馬は馬連れ 牛も千里馬も千里 牛を馬に乗り換える
午・午年(うま・うまどし) ウマオイムシ・馬追虫 馬が合う(うまがあう)
ウマゴヤシ・馬肥・苜蓿 ウマスゲ・馬菅(うますげ) ウマヅラハギ・馬面剥
ウマノアシガタ・馬の足形 ウマノオバチ・馬の尾蜂 ウマノスズクサ・馬の鈴草
馬の骨(うまのほね) ウマノミツバ・馬の三つ葉 馬の耳に念仏
ウマバエ・馬蝿・馬蠅 梅(うめ) 絵馬(えま)
尾(お) オス・雄・牡(おす) 顔(かお)
カバ・河馬(かば) カマドウマ・竃馬・竈馬 カモシカ・羚羊・氈鹿(かもしか)
帰馬放牛(きばほうぎゅう) 牛飲馬食(ぎゅういんばしょく) 牛溲馬勃(ぎゅうしゅうばぼつ)
キリン・麒麟(きりん) 毛(け) ケッテイ
蹴爪(けづめ) 下馬評(げばひょう) 呼牛呼馬(こぎゅうこば)
駒(こま) サイ・犀(さい) 塞翁が馬(さいおうがうま)
桜肉(さくらにく) サラブレッド シカ・鹿(しか)
尻尾(しっぽ) じゃじゃ馬(じゃじゃうま) 尻馬に乗る(しりうまにのる)
セイウチ・海象・海馬(せいうち) ダークホース ダービー
鬣(たてがみ) 力(ちから) トナカイ
ドンキー 頓馬(とんま) ニワトリ・鶏(にわとり)
ヌー バイソン バカ・馬鹿(ばか)
馬脚を露わす 馬牛襟裾(ばぎゅうきんきょ) バク・貘・獏(ばく)
馬耳東風(ばじとうふう) 走る(はしる) バッファロー
バフンウニ・馬糞海胆 馬鈴薯(ばれいしょ) ヒツジ・羊(ひつじ)
蹄(ひづめ) ブタ・豚(ぶた) ポニー
馬子にも衣装(まごにもいしょう) 馬蛤貝・馬刀貝(まてがい) メス・雌・牝(めす)
ヤク 野次馬(やじうま) ヤスデ・馬陸(やすで)
ラクダ・駱駝(らくだ) ラバ・騾馬(らば) レイヨウ・羚羊(れいよう)
ロデオ ロバ・驢馬(ろば)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス