ウコン

【意味】 ウコンとは、ショウガ科の多年草。熱帯アジア原産。黄色い根茎はカレー粉の原料となるターメリックや、沢庵漬けやバターの黄色染料にし、漢方では止血・健胃薬にされる。

【ウコンの語源・由来】

ウコンは、漢名「欝金」の字音「ウッコン」が音変化した語。
チューリップを「欝金香」というが、「欝金香」は字音のまま「ウッコンコウ」と読む。
沖縄では「ウッチン」といい、「ウッチン」も「ウッコン」の音変化と考えられる。
漢名「欝金」は「鮮やかな黄色」を意味し、ウコンの学名「Curcuma(クルクマ)」も「黄色」を意味するアラビア語「kurkum」からである。

【関連語】

鮮やか(あざやか) アルピニア ガジュツ
金(かね) カルダモン カレー
黄色(きいろ) キョウオウ・薑黄(きょうおう) 茎(くき)
クマタケラン・熊竹蘭 ゲットウ・月桃(げっとう) ゴールド
黄金(こがね) サフラン シュクシャ・縮砂(しゅくしゃ)
ショウガ・生姜(しょうが) ジンジャー スパイス
ターメリック 沢庵(たくあん) チューリップ
根(ね) バター ハナミョウガ・花茗荷
ミョウガ・茗荷(みょうが) ヤクチ・益智(やくち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス