浮世

【意味】 浮世とは、世の中。俗世間。浮き世。

【浮世の語源・由来】

浮世の「うき(浮)」は、「苦しい」「辛い(つらい)」を意味する「憂し」の連用形「憂き」が本来の形で、平安時代には「つらいことが多い世の中」をいった。
やがて、仏教的思想が定着しその厭世観から、この世を「無常のもの」「仮の世」と考えるようになり、「うき世」も「はかない世の中」の意味になっていった。
「はかない世の中」を表すようになったため、漢語「浮世(ふせい)」を当てた方がふさわしくなり、「憂き世」は「浮世」と表記されるようになった。
江戸時代に入ると、「はかない世の中であれば浮かれて暮らそう」という、現世を肯定した享楽的世間観が生まれ、男女の恋情や遊里で遊ぶことの意味となり、「浮世絵」や「浮世話」のように名詞の上に付いて「当世の」「現代風の」「好色な」といった意味も表すようになった。

【関連語】

色(いろ) 憂い(うい) 浮かれる(うかれる)
彼方(かなた) 花柳界(かりゅうかい) 苦しい(くるしい)
好色(こうしょく) 極楽(ごくらく) 此方(こなた)
地獄(じごく) 社会(しゃかい) 娑婆(しゃば)
世界(せかい) 世間(せけん) 世知辛い(せちがらい)
象牙の塔(ぞうげのとう) 巷(ちまた) 辛い(つらい)
桃源郷(とうげんきょう) 儚い(はかない) パラダイス
冥土・冥途(めいど) ユートピア 遊里(ゆうり)
黄泉(よみ) 梨園(りえん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス