有卦に入る

【意味】 有卦に入るとは、幸運にめぐりあい、良いことばかりが続くこと。

【有卦に入るの語源・由来】

有卦とは、陰陽道で、人の生まれた年の干支に基づいた幸運の年回りのこと。
有卦の吉年は7年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は5年続くという。
「入る」は「はいる」とは読まない。

【関連語】

占い(うらない) 干支(えと) 縁起(えんぎ)
吉(きち) 寿(ことぶき) 幸い(さいわい)
幸せ(しあわせ) しめしめ ジンクス
大安(たいあん) 棚から牡丹餅(たなからぼたもち) チャンス
調子(ちょうし) 続く(つづく) 年・歳(とし)
とんとん拍子(とんとんびょうし) 入る(はいる) ハッピー
福(ふく) ほくそ笑む(ほくそえむ) 冥加(みょうが)
冥利(みょうり) めでたい 勿怪の幸い(もっけのさいわい)
良い・善い・好い(よい) ラッキー ラッキーセブン

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

有卦に入るの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス