うぐいす

【意味】 うぐいすとは、スズメ目ウグイス科の鳥。全長約16センチ。オオルリ・コマドリとともに日本三名鳥の一つとされる。春告げ鳥、花見鳥、経読み鳥、人来鳥(ひとくどり)など別名が多い。

【うぐいすの語源・由来】

「春告げ鳥」の別名があるように春になると谷の奥から出てくることから、「ウク」が「奥」、「ヒス(イス)」が「出づ」で、「奥出づ」の意味とする説。
茂みに巣を作る鳥であるところから、「ウ」が「フ(生)」の転、「ス」が「巣」の意味とする説など諸説ある。
しかし、うぐいすの最大の特徴はその鳴き声にあるため、「ウグヒ(ウグイ)」が鳴き声で、「ス」は「カラス」「カケス」「ホトトギス」などと同じく、鳥の接尾語と考えられる。
漢字の「鶯」は、上部が音符「エイ(栄)」で、ぐるりととりまくさまを表し、輪状の羽模様が首のまわりを取り巻く鳥という意味である。
ただし、中国では日本でいう「コウライウグイス」を指し、鳴き声も外見も大きく異なる。

【関連語】

鶯餅(うぐいすもち) ウグイスガイ・鶯貝 ウグイスカグラ・鶯神楽
鶯嬢(うぐいすじょう) 鶯綴じ(うぐいすとじ) ウグイスナ・鶯菜(うぐいすな)
鶯鳴かせたこともある 鶯の卵の中のほととぎす 鶯豆(うぐいすまめ)
梅に鶯(うめにうぐいす) オオルリ・大瑠璃(おおるり) 奥(おく)
キクイタダキ・菊戴 コウライウグイス・高麗鶯 声(こえ)
コマドリ・駒鳥(こまどり) サイホウチョウ・裁縫鳥 スズメ・雀(すずめ)
セッカ・雪加・雪下(せっか) センダイムシクイ・仙台虫喰 センニュウ・仙入(せんにゅう)
谷(たに) トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく)
春(はる) ホトトギス・杜鵑・時鳥・不如帰 模様(もよう)
ヤブサメ・藪雨(やぶさめ) ヨシキリ・葦切・葦雀(よしきり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス