烏合の衆

【意味】 烏合の衆とは、規律や統制もなく、ただ寄り集まっただけの群衆・軍勢。役立たずな人々の集まり。

【烏合の衆の語源・由来】

烏合の衆は、中国『後漢書』の出典による。
「烏合」とは、カラスの集団のことで、カラスが集まっても、鳴いてうるさいだけで統一性に欠けることから、喩えとしてこの語が生まれた。
ただし、「烏合の衆」は昔に作られた言葉であるため、カラスが馬鹿な鳥のようにされているが、現代では鳥類の中で最も知能が高いとされ、相互の情報交換に長けていることが知られている。

【関連語】

集める(あつめる) 有象無象(うぞうむぞう) 煩い・五月蝿い(うるさい)
おしくらまんじゅう カラス・烏(からす) 雁首をそろえる
ぎっしり ごった返す(ごったがえす) 鮨詰め(すしづめ)
大衆(たいしゅう) トリ・鳥(とり) 仲間(なかま)
泣く・鳴く・啼く(なく) バカ・馬鹿(ばか) びっしり
群れ(むれ) 目白押し(めじろおし) モラル
寄る(よる) 立錐の余地もない 坩堝(るつぼ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス