うどん

【意味】 うどんとは、少量の塩を加えた水で小麦粉をこね、薄くのばして細長く切ったものを茹でた食品。

【うどんの語源・由来】

うどんの語源は諸説あり定かではないが、奈良時代に渡来した、小麦粉の皮に餡を包んで煮た「混飩(こんとん)」という唐菓子に由来する説が有力とされる。
「混飩」が食べ物なので食偏に改めて「餛飩」となり、熱い食べ物なので「温飩」と書くようになり、また食偏に改められて「饂飩」になった。
「おんとん(温飩)」が漢音で「うんどん(うんとん)」となり、第二音節が脱落して「うどん」となった。
「うどん」の呼称が使われ始めたのは室町時代からであるが、江戸時代にも「うんどん」も用いられていた。
うどんは「むぎなわ(麦縄)」「きりむぎ(切麦)」とも呼ばれ、熱したものを「あつむぎ(熱麦)」、冷やしたものを「ひやむぎ(冷麦)」といったことから、「麦」だけでも「うどん」を表したと考えられる。

【関連語】

暖かい・温かい(あたたかい) 熱い・暑い(あつい) 餡(あん)
薄い(うすい) おかめ 菓子(かし)
きしめん きつねうどん・そば グラタン
捏ねる(こねる) 小麦(こむぎ) 塩(しお)
しのだうどん・そば 水団(すいとん) スパゲッティ
素麺(そうめん) ソバ・蕎麦(そば) たぬきうどん・そば
団子(だんご) 冷たい(つめたい) 出前(でまえ)
店屋物(てんやもの) 心太(ところてん) 丼(どんぶり)
長い・永い(ながい) 二八蕎麦(にはちそば) 入麺(にゅうめん)
煮る(にる) ヌードル パスタ
春雨(はるさめ) ビーフン 紐革饂飩(ひもかわうどん)
冷や麦・冷麦(ひやむぎ) ペンネ ほうとう
細い(ほそい) マカロニ 水(みず)
ムギ・麦(むぎ) 茹でる(ゆでる) ラーメン
ラザニア ワンタン・雲呑(わんたん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス