【意味】 腕とは、肩から手首までの部分。

【腕の語源・由来】

古くは、肘から手首までを「うで」、肩から肘までを「かいな」と区別していた。
この位置からすると手(手のひら)の上にあたるので、「うて(上手)」の意味であろう。
『和名抄』や『名義抄』には「太々無岐」「タダムギ」とあり、古くは「タダムギ」とも呼んでいたようである。
漢字は、中国で主に手首の付け根を指す字である。
「宛」は屋根の下に二人の人が丸く屈むさまを表しており、「肉月」に「宛」の「腕」で丸く曲がる手首を表している。

【関連語】

上(うえ) 腕一本脛一本 腕木(うでぎ)
腕前(うでまえ) 腕を拱く(うでをこまぬく) 腕(かいな)
屈む(かがむ) 肩(かた) 体(からだ)
首・頸(くび) 拳(こぶし) 脛・臑(すね)
切歯扼腕(せっしやくわん) 掌(たなごころ) 翼(つばさ)
手(て) 手首(てくび) 手のひら(てのひら)
二の腕(にのうで) 暖簾に腕押し(のれんにうでおし) 肘・肱・臂(ひじ)
人(ひと) ブレスレット 曲がる(まがる)
丸・円(まる) 屋根(やね) 指(ゆび)
脇・腋(わき) 腕白(わんぱく)

【関連リンク】

「腕」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス