うちわ

【意味】 うちわとは、あおいで風を起こす道具。竹を細く削った骨に、紙や絹などを貼って柄をつけたもの。形は円形が多い。

【うちわの語源・由来】

うちわの語源は、「打ち(うち)+羽(は)」の「打ち羽」。
「打つ」は叩くような動作をすることからと考えられ、「羽」は文字通り「羽」である。
「打つ」というのは、蚊やハエなどの虫を追い払うために打っていたことからともいわれるが、実際にそのような目的で用いられ、その用途が一般的であったか、またその目的から「打つ」に繋がったか定かではない。
漢字の「団扇」は中国語で、「うちは(打ち羽)」に対応する字として当てられた。
平安中期の辞書『和名抄』には「団扇」を「うちは」、貴人の顔を隠す扇「翳」を「は」、「扇」を「あふぎ」とする記述があり、この頃から円形のものを「うちは」と呼び始めた。
中世には「打輪」の表記も見られるほか、「団」の一字でも「うちわ」を意味した。

【関連語】

煽る(あおる) 打つ(うつ) エアコン
扇(おうぎ) 蚊(か) 風・風邪(かぜ)
紙(かみ) 絹(きぬ) 末広(すえひろ)
扇子(せんす) タケ・竹(たけ) 天狗の団扇(てんぐのうちわ)
道具(どうぐ) ハエ・蠅・蝿(はえ) 羽・羽根・翅(はね)
ハリセン 左団扇(ひだりうちわ) 骨(ほね)
孫の手(まごのて) 虫(むし)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「団扇(うちわ)」と「扇子(せんす)」の違い・使い分け・見分け方 - 違いがわかる事典
団扇(うちわ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
団扇のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス