姥桜

【意味】 姥桜とは、ヒガンザクラやウバヒガンなど、葉が出るよりも先に花が咲く桜の俗称。娘盛りが過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。

【姥桜の語源・由来】

姥桜は、花の盛りに葉がない桜を、歯のない姥にかけたもので、かなりの年増でありながら艶かしい女性もいうようになった。
現代では、美しさを表す「桜」よりも、老いを表す「姥」に重点が移り、年甲斐もなく若作りをしている女性を指すようになった。

【関連語】

婀娜っぽい(あだっぽい) アダルト イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
美しい(うつくしい) 姥・乳母・祖母(うば) 大島桜(おおしまざくら)
小父さん・伯父さん・叔父さん おっさん 大人(おとな)
小母さん・伯母さん・叔母さん 女(おんな) 盛る(さかる)
咲く(さく) サクラ・桜(さくら) 淑女(しゅくじょ)
熟女(じゅくじょ) ソメイヨシノ・染井吉野 艶かしい(なまめかしい)
葉(は) 歯(は) 花・華(はな)
彼岸桜(ひがんざくら) マダム ミセス
未亡人(みぼうじん) 娘(むすめ) 八重桜(やえざくら)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス