露払い

【意味】 露払いとは、相撲で横綱の土俵入りの時、先導して土俵に上がる力士。

【露払いの語源・由来】

露払いは、蹴鞠に由来する語。
公家が蹴鞠の会を行う際、まず鞠を蹴って周囲に植えられた木の露を払い落すことや、それを行う人を「露払い」と言った。
転じて、「露払い」は貴人の先に立って道を開く人を指すようになり、行列などの先導をすることや、そうする人の意味となった。
そこから更に転じて、横綱の先導役をつとめる力士を指すようになった。
遊芸などで、最初に演じることや、その人も「露払い」という。

【関連語】

案内(あんない) 言い出しっ屁(いいだしっぺ) 音頭を取る(おんどをとる)
開拓(かいたく) ガイド 皮切り(かわきり)
きっかけ 行司(ぎょうじ) 草分け(くさわけ)
口火を切る(くちびをきる) 杮落とし(こけらおとし) コンシェルジュ
先(さき) 相撲(すもう) 先鞭をつける(せんべんをつける)
草創(そうそう) 率先(そっせん) 太刀持ち(たちもち)
露(つゆ) トップ パイオニア
初め・始め(はじめ) 旗振り役(はたふりやく) 払う(はらう)
火蓋を切る(ひぶたをきる) 開く(ひらく) 封切り(ふうきり)
冒頭(ぼうとう) 鞠・毬(まり) 道(みち)
導く(みちびく) 横綱(よこづな) リード
力士(りきし)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

露払い(つゆはらい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス