つうと言えばかあ

【意味】 つうと言えばかあとは、互いに気心が知れていて、ちょっと言うだけで通じるさま。つうかあ。ツーカー。

【つうと言えばかあの語源・由来】

近世から見られる語で、略した「つうかあ(ツーカー)」、その間柄をいう「つうかあの仲(ツーカーの仲)」は昭和40年代頃から使用が見られる。
「つう」と「かあ」の語源は諸説あり、正確なことは解っていないが、「つぅことだ」と言った相手に対し「そうかぁ」と答え、内容を言わなくても伝わ関係を表しているとする説が有力である。
情報が筒抜けであることや滑らかな様子を表す擬態語「つーつー」、事情をに通じていることをいう「つう(通)」など、「つう」に関しては他に考えられるものもあり、語呂合わせに「かあ」が添えられたとも考えられる。
その他、「通過の仲」の「通過」が砕けた語とする説は、漢語が流行した明治末期から大正にかけて生まれた言葉で、物事が通過するように相手に伝わることを「通過の仲」といったとするものだが、「つうかあ」が略された語である事を考慮されておらず、成立した時代も異なることから考えがたい。
ツルが「ツー」と鳴いてカラスが「カー」と答えるところからという説は、先に「かあ」をカラスの鳴き声に見立て、「つう」に意味を持たせるため「鶴の一声」に関連付けたもので、ツルとカラスの関係が定かではなく、ツルは「ツー」とも鳴かない。

【関連語】

相方(あいかた) 相棒(あいぼう) 阿吽(あうん)
言う・云う・謂う(いう) 以心伝心(いしんでんしん) 従兄弟同士は鴨の味
馬が合う(うまがあう) 夫(おっと) 偕老同穴(かいろうどうけつ)
カラス・烏(からす) 肝胆相照らす 気が置けない(きがおけない)
琴瑟相和す(きんしつあいわす) 腐れ縁(くされえん) 答える・応える(こたえる)
言葉(ことば) 親しい(したしい) しっくり
入魂・昵懇(じっこん) 水魚の交わり 糟糠の妻(そうこうのつま)
反りが合わない 知音(ちいん) ちんちんかもかも
妻(つま) ツル・鶴(つる) 鶴の一声(つるのひとこえ)
友・朋(とも) なあなあ 仲(なか)
馴染む(なじむ) 懇ろ(ねんごろ) パートナー
ぴったり 比翼連理(ひよくれんり) 腹心(ふくしん)
水入らず(みずいらず) 睦まじい(むつまじい) 誼み(よしみ)
割れ鍋に綴じ蓋

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス