ツツジ

【意味】 ツツジとは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木。春から夏にかけ、先端が五裂した漏斗形の花をつける。

【ツツジの語源・由来】

語源には、「ツヅキサキギ(続き咲き木)」の意味。
つぼみの形が女性の乳頭に似ていることから、「タルルチチ(垂乳)」の略転。
「ツヅリシゲル(綴り茂る)」の意味や、朝鮮語でツツジの仲間を広く指す、「tchyok-tchyok」「tchol-tchuk」の転訛など多くの説がある。
漢字の「躑躅」は漢名からで、「てきちょく」とも読む。
「躑躅(てきちょく)」には「行っては止まる」「躊躇」という意味があり、見る人の足を引き止める美しさから、この漢字が使われたといわれる。
本来は「羊躑躅」で、葉を食べたヒツジが躑躅して死ぬことからという説もある。

【関連語】

アカモノ・赤物(あかもの) アケボノツツジ・曙躑躅 アセビ・馬酔木(あせび)
アルペンローゼ イワツツジ・岩躑躅 イワナシ・岩梨(いわなし)
イワヒゲ・岩鬚(いわひげ) ウスノキ・臼の木(うすのき) ウラシマツツジ・裏縞躑躅
ウワウルシ ウンゼンツツジ・雲仙躑躅 エリカ
オオムラサキ・大紫 カルミア 木・樹(き)
キバナシャクナゲ キリシマツツジ・霧島躑躅 クランベリー
クルメツツジ・久留米躑躅 クロマメノキ・黒豆の木 コケモモ・苔桃(こけもも)
サツキ・皐月(さつき) サラサドウダン・更紗灯台 死ぬ(しぬ)
ジムカデ・地百足(じむかで) シャクナゲ・石南花・石楠花 シャシャンボ・南燭
スノキ・酢の木(すのき) セイシカ・聖紫花(せいしか) 乳(ちち)
ツガザクラ・栂桜(つがざくら) ツクシシャクナゲ・筑紫石南花 蕾・莟(つぼみ)
ツルコケモモ・蔓苔桃 ドウダンツツジ・満天星躑躅 トケンカ・杜鵑花(とけんか)
夏(なつ) ナツハゼ・夏櫨(なつはぜ) ネジキ・捩木(ねじき)
ネモトシャクナゲ・根本石南花 葉(は) ハクサンシャクナゲ
ハコネコメツツジ 花・華(はな) ハナヒリノキ・嚔の木
ハリガネカズラ・針金蔓 春(はる) ヒース
ヒカゲツツジ・日陰躑躅 ヒツジ・羊(ひつじ) ヒメシャクナゲ・姫石南花
ブライアー ブルーベリー ミツバツツジ・三葉躑躅
ミヤマキリシマ・深山霧島 モチツツジ・黐躑躅 ヤシオツツジ・八潮躑躅
ヤマツツジ・山躑躅 ヨドガワツツジ・淀川躑躅 リュウキュウツツジ
レンゲツツジ・蓮華躑躅

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス