【意味】 綱とは、植物の繊維や針金などを長くより合わせたもの。一般に、縄や紐より太いものをいう。ロープ。

【綱の語源・由来】

綱を作るのに蔓を用いたことから、古く、蔓状の植物をいった「つな(葛)」からと考えられ、「つな(葛)」は「つた(蔦)」と同根の語である。
「つなぐ(繋ぐ)」とする説もあるが、「つなぐ」の語源が「綱」と考えるべきである。
その他、「つよなわ(強縄)」「つぐなわ(続縄)」の意味など諸説あるが、「つな(葛)」の説が妥当である。

【関連語】

イイズナ・飯綱(いいずな) 糸(いと) 緒(お)
帯(おび) ケーブル 弦(げん)
コード 紙縒り(こより) ザイル
真田紐(さなだひも) ストラップ ストリング
手綱(たづな) 蔦(つた) 繋ぐ(つなぐ)
ツナソ・綱麻(つなそ) 弦(つる) 蔓(つる)
テープ 道具(どうぐ) 縄(なわ)
ヒモ・紐(ひも) ベルト 横綱(よこづな)
リボン リリヤン ロープ
ワイヤー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス