佃煮

【意味】 佃煮とは、小魚・貝・海藻などを醤油・味醂・砂糖などで濃く煮つめた食品。

【佃煮の語源・由来】

佃煮の「佃」は、江戸佃島(東京都中央区隅田川河口の島)のことである。
「佃島」は、徳川家康が摂津国西成郡佃村(現在の大阪市西淀川区佃町)の漁民33名を住まわせたことからこの名がある。
この佃島の漁民が、江戸幕府に献上して残った雑魚などを塩や醤油に煮込み、保存食としていたものが、「佃煮」と名付けて江戸市中で売り出されるようになり、全国へと広まっていった。
やがて、佃煮は材料の種類も増え、佃島以外でも作られるようになり、現在では材料や産地を問わず、このような食品を総称して「佃煮」と呼ぶようになった。

【関連語】

アサリ・浅蜊(あさり) 磯部煮(いそべに) 従兄弟煮(いとこに)
旨煮・甘煮(うまに) 江戸(えど) エビ・海老・蝦(えび)
おかず 小倉煮(おぐらに) オランダ煮(おらんだに)
貝(かい) がめ煮(がめに) 甘露煮(かんろに)
儀助煮(ぎすけに) 金平(きんぴら) 釘煮(くぎに)
具足煮(ぐそくに) コンブ・昆布(こんぶ) 魚(さかな)
桜煮(さくらに) 雑魚(ざこ) 砂糖(さとう)
沢煮(さわに) サンショウ・山椒(さんしょう) 塩(しお)
時雨煮(しぐれに) 治部煮(じぶに) 醤油(しょうゆ)
鼈煮(すっぽんに) 駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに)
筑前煮(ちくぜんに) 定家煮(ていかに) 唐辛子(とうがらし)
土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに) 南蛮煮(なんばんに)
煮染め(にしめ) 煮る(にる) 海苔(のり)
ハゼ・鯊・沙魚・蝦虎魚(はぜ) 翡翠煮(ひすいに) フキ・蕗・苳・款冬・菜蕗(ふき)
風呂吹き大根 鼈甲煮(べっこうに) 味醂(みりん)
大和煮(やまとに) 吉野煮(よしのに) 利休煮(りきゅうに)
料理(りょうり) レシピ ワカサギ・公魚(わかさぎ)
若竹煮(わかたけに)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス