つくばい

【意味】 つくばいとは、茶室の庭先に据える、石や岩などをくりぬいてつくった手水鉢(ちょうずばち)。

【つくばいの語源・由来】

つくばいは、「しゃがむ」「うずくまる」「かがむ」などを意味する動詞「つくばう」が語源。
茶室に入る前に手を清めるのに用いるもので、手を洗う際に低い姿勢になることから、「つくばい」と呼ばれるようになった。

【関連語】

洗う(あらう) 石(いし) 井戸(いど)
岩(いわ) 蹲る(うずくまる) お茶(おちゃ)
屈む(かがむ) カラン 厠(かわや)
清い(きよい) 行水(ぎょうずい) 鹿威し(ししおどし)
しゃがむ 蛇口(じゃぐち) 雪隠(せっちん)
添水(そうず) 手水(ちょうず) 蹲う・踞う(つくばう)
手(て) トイレ 憚り(はばかり)
柄杓(ひしゃく) 便所(べんじょ) 水(みず)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス