月とすっぽん

【意味】 月とすっぽんとは、比較にならないほど二つのものの違いが大きいこと。月とスッポン。月と鼈。

【月とすっぽんの語源・由来】

月は満月で丸く、すっぽんも同じように甲羅が丸く、丸い点では共通する。
しかし、月は美しい象徴であるのに対し、すっぽんは汚い泥の中にて顔も醜いことから、比較にならないほど違うものたとえとなった。
一説には、すっぽんは朱色に塗った盆の「朱盆(しゅぼん)」が訛ったものといわれるが、朱盆は必ずしも丸いものとは限らず、月とすっぽんのように天と地、美しさに大きな違いがある訳でもない。
共通点と大きな違いが分かりづらいものを並べ、比較にならないことを表現するとは考え難い。

【関連語】

美しい(うつくしい) 雲泥の差(うんでいのさ) 雲泥万里(うんでいばんり)
おっつかっつ 同じ(おなじ) お盆(おぼん)
顔(かお) 紙一重(かみひとえ) 汚い(きたない)
鯨と鰯(くじらといわし) 比べる・較べる・競べる(くらべる) 月鼈(げつべつ)
甲羅(こうら) 互角(ごかく) 五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)
異なる(ことなる) スッポン・鼈(すっぽん) 駿河の富士と一里塚
そぐわない 違う(ちがう) 提灯に釣鐘
月(つき) どっこいどっこい 泥(どろ)
団栗の背比べ とんとん 似る(にる)
匹敵(ひってき) 等しい(ひとしい) 瓢箪に釣り鐘
隔たり(へだたり) 丸・円(まる) 醜い(みにくい)
雪と墨(ゆきとすみ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

月とすっぽんの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
月とすっぽん(つきとすっぽん)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス