【意味】 月とは、地球の衛星。太陽の光を受けて輝く。一年を12で分けた区分。一ヶ月。

【月の語源・由来】

太陽に次いで光り輝くことから「つぎ・つく(次)」の意味とする説や、月に一度輝きが尽きるところから「つき(尽き)」とする説がある。
月は信仰の対象で、特に満月が信仰されていたことから、「尽き」の説は考え難い。
語源は未詳であるが、古くから太陽と対をなすものとされており、夜に光り輝き、生活面にも大きな影響があったことから、「つぎ・つく(次)」の説が有力である。

【関連語】

十六夜(いざよい) 何時(いつ) 一竿の風月
古(いにしえ) 今(いま) ウサギ・兎(うさぎ)
宇宙(うちゅう) 卯月(うづき) 閏年(うるうどし)
干支(えと) 猿猴月を取る 大晦日(おおみそか)
御天道様(おてんとうさま) 日(か) 輝く(かがやく)
カレンダー 神無月(かんなづき) 如月(きさらぎ)
クラゲ・水母・海月(くらげ) ゲッカビジン・月下美人 月下氷人(げっかひょうじん)
月下老人(げっかろうじん) ゲッキツ・月橘(げっきつ) 月宮殿(げっきゅうでん)
月琴(げっきん) ゲッケイジュ・月桂樹 ゲットウ・月桃(げっとう)
月鼈(げつべつ) 暦(こよみ) 頃(ころ)
歳月は人を待たず 月代(さかやき) 朔望月(さくぼうげつ)
皐月(さつき) サツキ・皐月(さつき) シーズン
霜月(しもつき) 羞花閉月(しゅうかへいげつ) 十五夜(じゅうごや)
旬(しゅん) 正月(しょうがつ) 師走(しわす)
世紀(せいき) セゾン 節句(せっく)
太陽(たいよう) 一日・朔日・朔(ついたち) 次(つぎ)
ツキクサ・月草(つきくさ) 月とすっぽん(つきとすっぽん) 月並み(つきなみ)
月に叢雲花に風 月の雫(つきのしずく) 月の鼠(つきのねずみ)
ツキノワグマ・月輪熊 ツキヒガイ・月日貝・海鏡 月見(つきみ)
ツキミソウ・月見草 月満つれば則ち虧く ツキヨタケ・月夜茸
月を指せば指を認む 尽す(つくす) 晦・晦日(つごもり)
時(とき) 時計(とけい) 年・歳(とし)
長月(ながつき) 葉月(はづき) ハネムーン
日(ひ) 光(ひかり) 日向(ひなた)
秒(びょう) 文月(ふづき・ふみづき) 分(ふん)
平年(へいねん) 星(ほし) 水無月(みなづき)
昔(むかし) 睦月(むつき) 弥生(やよい)
夜(よる) ロケット 惑星(わくせい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス