付け焼刃

【意味】 付け焼刃とは、その場をしのぐために、にわかに覚えた知識や技術。付け焼き刃。付焼刃。

【付け焼刃の語源・由来】

付け焼刃は刀鍛冶用語で、切れ味の良くない刀に鋼(はがね)の焼き刃を付け足したものをいった。
切れ味が良く長持ちする刀は何度も地金を打って作られるが、鋼を足しただけの付け焼刃は、すぐに切れなくなり使い物にならなくなってしまう。
そこから、にわかに覚えた知識や技術を「付け焼刃」と言うようになった。

【関連語】

アドリブ 行き当たりばったり 急がば回れ(いそがばまわれ)
一夜漬け(いちやづけ) インスタント お座成り(おざなり)
覚える(おぼえる) 鍛冶(かじ) 刀(かたな)
仮初(かりそめ) 切る・斬る・伐る(きる) 苦肉の策(くにくのさく)
稽古(けいこ) 蛍雪の功(けいせつのこう) 姑息(こそく)
糊塗(こと) 自転車操業 凌ぐ(しのぐ)
切磋琢磨(せっさたくま) 即座(そくざ) 即席(そくせき)
束の間(つかのま) 出たとこ勝負(でたとこしょうぶ) 咄嗟(とっさ)
泥縄(どろなわ) 生半可(なまはんか) 習う(ならう)
俄(にわか) 刃(は) 鋼(はがね)
弥縫(びほう) 勉強(べんきょう) 学ぶ(まなぶ)
刃(やいば) 焼く(やく) 藪から棒(やぶからぼう)
ローマは一日にして成らず

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

付け焼き刃(つけやきば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス