ツバキ

【意味】 ツバキとは、ツバキ科の常緑高木。葉は楕円形で厚く、光沢がある。早春、赤い花が咲く。交雑種には白や桃色の花もある。種子から椿油を採る。

【ツバキの語源・由来】

語源には、光沢のあるさまを表す古語「つば」に由来し、「つばの木」で「ツバキ」になったとする説。
「艶葉木(つやはき)」や「光沢木(つやき)」の意味とする説。
朝鮮語の「ツンバク(Ton baik)」からきたとするなど諸説ある。
漢字「椿」は、日本原産のユキツバキが早春に花を咲かせ春の訪れを知らせることから、日本で作られた国字と考えられている。
一方、中国では「チン(チュン)」と読み、別種であるセンダン科の植物に使われたり、巨大な木や長寿の木に使われる漢字で、『荘子』の「大椿」の影響を受けたもので国字ではないとの見方もある。
なお、ツバキの中国名は「山茶(サンチャ)」である。

【関連語】

赤(あか) 油・脂・膏(あぶら) カメリア
木・樹(き) サカキ・榊(さかき) サザンカ・山茶花(さざんか)
シャラノキ・沙羅の木 センダン・栴檀・楝 種(たね)
艶(つや) トウチャ・唐茶(とうちゃ) トウツバキ・唐椿(とうつばき)
ナツツバキ・夏椿(なつつばき) 葉(は) 花・華(はな)
春(はる) ヒサカキ ヒメシャラ・姫沙羅
モッコク・木斛(もっこく) ユキツバキ・雪椿(ゆきつばき) ワビスケ・侘助(わびすけ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス