つば

【意味】 つばとは、唾液(だえき)。つばき。

【つばの語源・由来】

「つば」は「ツバキ」の「キ」が脱落した語。
古くは「ツハキ」と清音で、「ツ」が「唾」、「ハキ」が「吐く」を意味し、唾を吐くという意味の動詞であった。
平安時代頃より、「ツハキ」は「唾液」の意味で使われ始め、ハ行転呼音で「ツワキ」と、濁音化した「ツバキ」の形が見られるようになる。
江戸時代に入ると、「キ」の脱落した形での使用が増え、「つば」が一般的な呼称となった。

【関連語】

欠伸(あくび) 息(いき) 鼾(いびき)
嗽(うがい) うんこ 液(えき)
おくび おしっこ おなら
固唾を呑む(かたずをのむ) 嚔(くしゃみ) 糞・屎(くそ)
口(くち) 唇(くちびる) げっぷ
ゲロ コレステロール 舌(した)
しゃっくり 汁(しる) 咳(せき)
セルライト 痰(たん) 血(ち)
乳(ちち) 唾(つばき) 唾を付ける(つばをつける)
天を仰いで唾する 涙(なみだ) 喉・咽(のど)
喉仏(のどぼとけ) 吐く(はく) 糞・屎(ばば)
糞(ふん) 屁(へ) 反吐(へど)
べろ マウス(口) 眉唾(まゆつば)
水(みず) 虫唾が走る(むしずがはしる) 羊水(ようすい)
涎(よだれ) リップ リンパ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス