トリビア

【意味】 トリビアとは、くだらないこと。取るに足りないこと。雑学的な事柄や知識。

【トリビアの語源・由来】

トリビアは、英語「trivia」で、くだらないことや些細なことなどを意味する名詞。
日本では、フジテレビの番組「トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~」により、「雑学」や「知識」という意味を多く含む言葉として使われるようになった。
「trivia(トリビア)」の語源は、「tri」と「via」の合成によるものとされる。
「tri」は「triangle(三角形)」「trio(三人組)」など「3」を表す言葉の基。
「via」は「○○経由」や「○○を通って」の意味で、「viaduct(高架橋)」など「道」を表す言葉の基となっている。
つまり、「tri」と「via」が合成された「trivia」は、本来「三叉路」という意味であった。
トリビアが「無駄な知識」の意味となった由来は、中世のヨーロッパの大学で、基礎教養科目七科目あるうちの三科目(文法・修辞・論理)を「trivium(ラテン語で「3つの道・三叉路」)と言い、その他の四科目よりも劣るとする皮肉からと考えられる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス