唐突

【意味】 唐突とは、前ぶれもなくだしぬけであるさま。突然。不意。

【唐突の語源・由来】

唐突は、「突き当たる」を意味する漢語に由来する。
唐突の語源は、唐の国が突然何かをしたからと考えられることもあるが、原義が「突き当たる」であるから、「不意」の意味で国名と絡めて考えることは出来ない。
唐突の「突」は原義のとおり「突く」の意味。
「唐」は「口」に「庚(ぴんと張る)」で、口を張って大言することを表した漢字である。
その意味では「荒唐無稽」の「荒唐」に用いられるが、普通、「大きな国」の意味を含めた国名に用いられる。
「大言すること」が「突き当たる」に通じるとは考えがいため「唐の国」を表していると思われるが、「突き当たる」の意味に使われるようになった由来は未詳。

【関連語】

当たる(あたる) 呆気ない(あっけない) 慌ただしい(あわただしい)
いきなり 驚く・愕く・駭く(おどろく) 俄然(がぜん)
間髪を容れず(かんはつをいれず) 口(くち) 荒唐無稽(こうとうむけい)
国(くに) 忽然(こつぜん) 直(じき)
直ぐ(すぐ) 素っ頓狂(すっとんきょう) 青天の霹靂
刹那(せつな) 即座(そくざ) 直ちに(ただちに)
忽ち(たちまち) たまげる 単刀直入(たんとうちょくにゅう)
短兵急(たんぺいきゅう) 突く・衝く(つく) 束の間(つかのま)
度肝を抜く(どぎもをぬく) 咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ)
突然(とつぜん) 突飛(とっぴ) 突拍子もない(とっぴょうしもない)
俄(にわか) 寝耳に水(ねみみにみず) 張る・貼る(はる)
びっくり 降って湧く(ふってわく) ふと
矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

唐突(とうとつ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス