棟梁

【意味】 棟梁とは、一族・一門の統率者。集団のかしら。特に、大工の親方。

【棟梁の語源・由来】

棟梁は文字通り、建物の「棟(むね)」と「梁(はり)」をいった言葉である。
棟と梁は建物を支える重要な部分であることから、棟梁は集団の統率する中心的人物をいうようになり、一国の臣を指すようになった。
やがて、棟梁は大工・左官・鍛冶などの集団の長を指すようになり、近世頃から大工の親方をいうようになった。

【関連語】

頭(あたま) 主(あるじ) 家(いえ)
一枚看板(いちまいかんばん) 大御所(おおごしょ) 大立者(おおだてもの)
長(おさ) 親(おや) 親方(おやかた)
親父(おやじ) 親玉(おやだま) 親分(おやぶん)
カーペンター 顔役(かおやく) 鍛冶(かじ)
頭(かしら) ガテン系(がてんけい) 牛耳る(ぎゅうじる)
黒幕(くろまく) 左官(さかん) 大工(だいく)
大黒柱(だいこくばしら) 大臣(だいじん) 泰斗(たいと)
巧み・匠・工(たくみ) 旦那(だんな) 知事(ちじ)
亭主(ていしゅ) 頭取(とうどり) 胴元(どうもと)
頭領(とうりょう) 土方(どかた) 鳶職(とびしょく)
トリ ドン 斫り・削り(はつり)
梁(はり) 普請(ふしん) ブルーカラー
プレハブ ボス 棟(むね)
リーダー 領袖(りょうしゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス