【意味】 峠とは、山道を登りつめたところ。山の上りと下りの境目。

【峠の語源・由来】

『万葉集』に「多武気」の例があるとおり、古くは「たむけ」といい、室町時代以降、「たむけ」が「たうげ」に転じ、さらに「とうげ」に変化した。
「たむけ」とは「手向け」のことで、神仏に物を供える意味の言葉である。
これは、峠に道の神がいると信じられており、通行者が旅路の安全を祈って手向けをしたことからと考えられている。
漢字の「峠」は日本で作られた国字で、「山」「上」「下」からなる会意文字である。

【関連語】

頂(いただき) 上(うえ) 峰・丘(お)
丘・岡・陸(おか) 尾根(おね) 神(かみ)
下る(くだる) 坂(さか) 境(さかい)
下(した) 谷(たに) 手向け(たむけ)
葛折り・九十九折り(つづらおり) 上る・登る・昇る(のぼる) 麓(ふもと)
洞ヶ峠(ほらがとうげ) 道(みち) 峰(みね)
胸突き八丁(むなつきはっちょう) 山(やま)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス