薹が立つ

【意味】 薹が立つとは、若い盛りの時期が過ぎる。年頃(多くは、婚期)を過ぎる。

【薹が立つの語源・由来】

「薹」は「ふきのとう」と言うように、フキやアブラナなど花をつける茎「花茎」のこと。
薹が伸びると硬くなり、食べ頃を過ぎることから、野菜などの花茎が伸びて食用に適する時期を過ぎたことを「薹が立つ」と言うようになり、人間の年にも当てはめ用いられるようになった。

【関連語】

褪せる(あせる) アブラナ・油菜(あぶらな) 老いぼれる・耄れる(おいぼれる)
老いらく(おいらく) 老いる(おいる) 衰える(おとろえる)
矍鑠(かくしゃく) 堅い・固い・硬い(かたい) 茎(くき)
頃(ころ) 旬(しゅん) 過ぎる(すぎる)
箍が緩む(たががゆるむ) 黄昏(たそがれ) 食べる(たべる)
立つ(たつ) 薹(とう) 年・歳(とし)
花・華(はな) 馬齢(ばれい) フキ・蕗・苳・款冬・菜蕗(ふき)
フキノトウ・蕗の薹(ふきのとう) 老ける(ふける) 耄碌(もうろく)
焼きが回る(やきがまわる) 齢(よわい) 若い(わかい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス