とてつもない

【意味】 とてつもないとは、途方もない。道理に合わない。とんでもない。

【とてつもないの語源・由来】

「途」は「道」、「轍」は「わだち(車が通った後に残る車輪の跡)」のことで、転じて、途轍は「筋道」「道理」の意味。
そこから、とてつもないは「筋道から外れている」ことを表し、「常識では考えられない」「並外れている」という意味を表すようになった。

【関連語】

著しい(いちじるしい) 奇想天外(きそうてんがい) 随分(ずいぶん)
凄い(すごい) 頗る(すこぶる) 凄まじい(すさまじい)
超弩級・超ド級(ちょうどきゅう) 道理(どうり) 突拍子もない(とっぴょうしもない)
迚も(とても) 飛んだこと(とんだこと) とんでもない
甚だしい(はなはだしい) 番狂わせ(ばんくるわせ) 酷い(ひどい)
不届き(ふとどき) 箆棒(べらぼう) 道(みち)
無茶苦茶(むちゃくちゃ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ) 滅相もない(めっそうもない)
滅法(めっぽう) 物凄い(ものすごい) 矢鱈(やたら)
やばい 轍(わだち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス