塗炭の苦しみ

【意味】 塗炭の苦しみとは、ひどく激しい苦しみ。

【塗炭の苦しみの語源・由来】

塗炭の「塗」は「泥水」、「炭」は「炭火」のこと。
泥水や炭火にまみれるような、ひどい苦しみをたとえて「塗炭の苦しみ」といった。
出典は中国の『書経(仲キ之誥)』で、「有夏昏徳し、民塗炭に墜つ(王の不徳により、人民は泥水や炭火に落とされたような苦難を味わった)」という故事に由来する。
類句には、「塗炭に墜つ」「水火の苦しみ」がある。

【関連語】

愛別離苦(あいべつりく) 喘ぐ(あえぐ) 阿鼻叫喚(あびきょうかん)
臥薪嘗胆(がしんしょうたん) きつい 苦節(くせつ)
苦しい(くるしい) 苦労(くろう) 険しい(けわしい)
四苦八苦(しくはっく) 辛酸を嘗める(しんさんをなめる) 炭・墨(すみ)
切ない(せつない) 断腸の思い(だんちょうのおもい) 辛い(つらい)
泥(どろ) 針の筵(はりのむしろ) 火(ひ)
火の車(ひのくるま) 水(みず) 胸突き八丁(むなつきはっちょう)
悶える(もだえる) 遣る瀬無い(やるせない) 粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

塗炭の苦しみの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス