屠蘇

【意味】 屠蘇とは、屠蘇散を酒や味醂に浸したもの。一年の邪気をはらい、延命長寿を願って飲む薬酒。屠蘇酒。御屠蘇(おとそ)。

【屠蘇の語源・由来】

屠蘇は、中国唐の時代にはじまった行事。
日本では9世紀の桓武天皇の時、宮中の元旦行事として受け入れられ、その後、庶民へと広まった。
語源には、「蘇」が悪鬼で、それを屠る(ほふる:体を切ってばらばらにする意)とする説や、鬼気を屠り、魂を蘇生させる意味からとする説。
「屠蘇」という名前の草庵に住む人が、大晦日の夜に里人に薬を配り、それを元日に飲ませたという故事からとする説。
中国の西方地域に伝わる薬草の名など諸説あり、正確なことはわかっていない。
本来、屠蘇には山椒の実や桔梗の根、肉桂の樹皮など数種類の生薬を調合した「屠蘇酸」が浸されるが、現在では、屠蘇酸を浸していないただの日本酒でも、正月の祝い酒として飲むものを呼ぶことが少なくない。

【関連語】

アルコール 泡盛(あわもり) 命(いのち)
祝い(いわい) ウイスキー ウォッカ
大晦日(おおみそか) おせち料理(おせちりょうり) お猪口(おちょこ)
鬼(おに) 御神酒(おみき) 鏡餅(かがみもち)
カクテル 門松(かどまつ) カルバドス・カルヴァドス
元日(がんじつ) 元旦(がんたん) キール
キキョウ・桔梗(ききょう) 貴腐ワイン(きふわいん) 薬(くすり)
コニャック 杯・盃(さかずき) 酒(さけ)
サワー サンショウ・山椒(さんしょう) シードル
シェリー 注連縄(しめなわ) シャンパン
正月(しょうがつ) 松竹梅(しょうちくばい) 焼酎(しょうちゅう)
ジン スパークリングワイン スピリッツ
雑煮(ぞうに) チューハイ・酎ハイ 銚子(ちょうし)
テキーラ 徳利(とっくり) 濁酒(どぶろく)
ニッケイ・肉桂(にっけい) 飲む・呑む(のむ) バーボン
ビール ブランデー ポートワイン
ボジョレー・ヌーヴォー 屠る(ほふる) 味醂(みりん)
ラム酒(らむしゅ) リキュール ワイン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス