取り越し苦労

【意味】 取り越し苦労とは、どうなるかわからない将来のことをあれこれ考えて、無駄な心配をすること。杞憂。とりこしくろう。

【取り越し苦労の語源・由来】

取り越し苦労は、江戸後期から使用例が見られる語。
「取り越し」は、期日より前に行う意味の動詞「取り越す」の名詞形。
期日を繰り上げて物事を行うには、先のことを考えていなければならないことから、「取り越す」は「先のことをあれこれ考える」「予測する」という意味も持つようになり、確実に起きるかどうかわからない先の事を、あれこれ悪い方に考えることは無駄な心配となるため、「取り越し苦労」というようになった。

【関連語】

浮き足立つ(うきあしだつ) 疑う(うたがう) 愁い・憂い(うれい)
疑心暗鬼(ぎしんあんき) 杞憂(きゆう) 屈託(くったく)
苦労(くろう) 心配(しんぱい) ナーバス
悩む(なやむ) ネガティブ ノイローゼ
骨折り損の草臥れ儲け 虫の知らせ(むしのしらせ) 無駄(むだ)
胸騒ぎ(むなさわぎ) メランコリー 物憂い(ものうい)
憂鬱(ゆううつ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス