トリカブト

【意味】 トリカブトとは、キンポウゲ科の多年草。多くは中国原産だが、日本で自生する種も30種ほどある。

【トリカブトの語源・由来】

トリカブトは、花の形が舞楽の襲装束に用いる「鳥兜(とりかぶと)」に似ていることから、呼ばれるようになった。
舞楽の「鳥兜」とは、錦・金襴などで鳳凰の頭にかたどった被り物である。
トリカブトの名は、江戸時代になってから例が見られ、それ以前は「烏頭(ウヅ)」「付子(ブシ・ブス)」と呼ばれていた。
トリカブトの根は猛毒を含むことで知られるが、漢方では「烏頭(うず)」や「付子(ぶし)」と言い、古くから神経痛やリューマチの薬に用いられていた。
「烏頭」「付子」ともに中国から入った語で、日本ではそれを音読みした。
「烏頭」の語源は、最初にできる根塊がカラスの頭部に似ていることから、その脇にできる若い根塊「付いた子」という意味から「付子」となった。

【関連語】

アキカラマツ・秋唐松 アコニチン 頭(あたま)
アネモネ アルカロイド イチリンソウ・一輪草
ウマノアシガタ・馬の足形 エンコウソウ・猿猴草 オウレン・黄連・黄蓮(おうれん)
オキナグサ・翁草(おきなぐさ) オダマキ・苧環(おだまき) カザグルマ・風車(かざぐるま)
ガショウソウ・鵝掌草 カフェイン 兜(かぶと)
カラス・烏(からす) カラマツソウ・唐松草 ガンジツソウ・元日草
キツネノボタン・狐の牡丹 キンバイソウ・金梅草 キンポウゲ・金鳳花(きんぽうげ)
草(くさ) クサボタン・草牡丹 薬(くすり)
クリスマスローズ クレマチス クロタネソウ・黒種草
コカイン コトブキグサ・寿草 コマノアシガタ・駒の足形
サラシナショウマ・晒菜升麻 シナノキンバイ・信濃金梅 シャクヤク・芍薬(しゃくやく)
シュウメイギク・秋明菊 神経(しんけい) セツブンソウ・節分草
センニンソウ・仙人草 タガラシ・田芥(たがらし) ツイタチソウ・朔日草
テッセン・鉄線(てっせん) デルフィニウム ドーパミン
ドクダミ トリ・鳥(とり) ニコチン
ニリンソウ・二輪草(にりんそう) 根(ね) バイカオウレン・梅花黄蓮
バイカモ・梅花藻 ハクサンイチゲ・白山一華 花・華(はな)
ハナイチゲ・花一華(はないちげ) ハナキンポウゲ・花金鳳花 ハンショウヅル・半鐘蔓
ヒエンソウ・飛燕草(ひえんそう) フクジュソウ・福寿草 フクベラ
ブス ベニバナオキナグサ・紅花翁草 ボタン・牡丹(ぼたん)
ボタンイチゲ・牡丹一華 ボタンヅル・牡丹蔓 ミスミソウ・三角草
ミツバオウレン・三葉黄蓮 ミヤマオダマキ・深山苧環 モミジカラマツ・紅葉唐松
モルヒネ ヤマシャクヤク・山芍薬 ラナンキュラス
ルイヨウショウマ・類葉升麻 レイジンソウ・伶人草 レンゲショウマ・蓮華升麻

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス