【意味】 鳥とは、鳥類の総称。体が羽毛で覆われ、前肢が翼になり空中を飛ぶ。にわとり(鶏)。鳥肉。特に、にわとりの肉。

【鳥の語源・由来】

「トビカケリ(飛翔)」の中略をはじめ、「トビヰル(飛集)」や「トビヲリ(飛居)」の意味など、「飛ぶ」と関連付ける説が多い。
その他、古代では特に狩猟の対象となる鳥を指すこともあったため、「とる(獲る)」の名詞形とする説や、朝鮮語で「鶏」を意味する「talk(talki・tark)」からといった説もある。
「鳥」の「ト」と「飛ぶ」の「ト」はいずれも乙類で、鳥の特徴でまず挙げられるのは空を飛ぶことであるから、「ト」は「飛ぶ」の意味で間違いないと思われる。

【関連語】

足・脚・肢(あし) アトリ・花鶏(あとり) アビ・阿比(あび)
アマツバメ・雨燕(あまつばめ) オウム・鸚鵡(おうむ) カイツブリ
翔る・駆ける(かける) 黄鶏(かしわ) カッコウ・郭公(かっこう)
カモ・鴨(かも) キジ・雉・雉子(きじ) キツツキ・啄木鳥(きつつき)
キヌバネドリ・絹羽鳥 嘴(くちばし) 毛(け)
コウノトリ・鸛(こうのとり) 囀る(さえずる) シギダチョウ・鷸駝鳥
巣(す) スズメ・雀(すずめ) 空(そら)
タカ・鷹(たか) ダチョウ・駝鳥(だちょう) 卵・玉子(たまご)
チドリ・千鳥(ちどり) 鳥瞰(ちょうかん) 鳥目(ちょうもく)
一寸・鳥渡(ちょっと) 翼(つばさ) ツル・鶴(つる)
飛ぶ・跳ぶ(とぶ) 鳥総松(とぶさまつ) 飛ぶ鳥の献立
酉・酉年(とり・とりどし) トリアシショウマ・鳥足升麻 鳥居(とりい)
鳥打ち帽子(とりうちぼうし) トリガイ・鳥貝(とりがい) トリカブト・鳥兜(とりかぶと)
トリクイグモ・鳥食蜘蛛 トリゲモ・鳥毛藻(とりげも) トリトマラズ・鳥不止
鳥無き里の蝙蝠 トリノアシ・鳥の脚(とりのあし) 鳥の口(とりのくち)
鳥の子餅(とりのこもち) 鳥の空音(とりのそらね) トリノフンダマシ・鳥の糞騙
鳥肌(とりはだ) トリバネチョウ・鳥羽蝶 鳥食み・取り食み(とりばみ)
鳥目(とりめ) トリモチノキ・鳥黐の木 取る・執る・採る・捕る・撮る
肉(にく) ニワトリ・鶏(にわとり) ネズミドリ・鼠鳥(ねずみどり)
ハト・鳩(はと) 羽・羽根・翅(はね) 羽ばたく(はばたく)
雛(ひな) 雛(ひよこ) フクロウ・梟(ふくろう)
ブッポウソウ・仏法僧 フラミンゴ ペリカン
ペンギン ミズナギドリ・水薙鳥 ヨタカ・夜鷹(よたか)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

鳥(とり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
トリ・鳥のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「鳥」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス