虎の巻

【意味】 虎の巻とは、秘訣などを記した秘伝書。教科書の解説本。参考書。ネタ本。あんちょこ。

【虎の巻の語源・由来】

虎の巻は、中国の兵法書「六韜(りくとう)」から出た言葉。
六韜は文・武・竜・虎・豹・犬の六巻からなり、そのうちの兵法の奥義が記された秘伝書「虎韜の巻(ことうのまき)」の名が略され、「虎の巻」となった。
虎の巻は本来の意味から、単に秘伝書の意味に転じ、教科書の解説本などの意味で使われるようになった。

【関連語】

あんちょこ インフォプレナー 蘊蓄・薀蓄(うんちく)
十八番(おはこ) カンニング 教科書(きょうかしょ)
切り札(きりふだ) コーチ コツ
栞・枝折り(しおり) 指南(しなん) 塾(じゅく)
定石・定跡(じょうせき) 真髄・神髄(しんずい) スクール
先生(せんせい) ツボ テクニック
寺子屋(てらこや) テンプレート トラ・虎(とら)
虎の子(とらのこ) ネタ 雛形・雛型(ひながた)
勉強(べんきょう) 本(ほん) 学ぶ(まなぶ)
マニュアル 道標(みちしるべ) 目から鱗が落ちる
目安(めやす) モデル レシピ
技・業(わざ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

虎の巻(とらのまき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
虎の巻(とらのまき)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス