虎の子

【意味】 虎の子とは、大切に持ち続けて手放さないもの。秘蔵の金品。

【虎の子の語源・由来】

虎の子は、母虎の性質から出た言葉。
虎は自分の子を大事に守り、非常にかわいがって育てるといわれていることから、大切にして手放さない物や秘蔵品のたとえとして「虎の子」と言うようになった。
江戸時代の川柳『誹風柳多留』には、「虎の子を どらな子に母 してやられ(「どらな子」は「どら息子」の意)」の例がある。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

虎の子(とらのこ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
虎の子(とらのこ)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス